ヤマイの反省の話題

ヤマイの反省の話題

エロ漫画家の苦悩と反省のおはなし

パソコン

【補足記事】右クリック「管理者権限で開く」は使えないことが多いかもしれないので

はじめに きっかけはOSの乗り換え まずは現在までのLinux遍歴 まずは問題の解決を試みたのだが 端末からファイルを実行してみる というわけで はじめに 今回は前に公開した記事からLinuxのファイルマネージャーに関する記述を補足する内容になっています。な…

フルデジタルで漫画を1本描いてみました

はじめに ワコム以外という選択 実際に使ってみましょうか 気になる人には気になる液タブの問題点 で、結局の所「何もかも上手く」いったのか 締めの言葉に代えて宣伝 はじめに 液晶タブレットを購入しまして(念の為に説明しておきますとこの液晶タブレット…

XP-PenのペンタブレットをLinuxで使ってみる

はじめに Linuxで使えるタブレットを探す Linux用ドライバーの導入手順 早速描いてみました はじめに 普段遣いのパソコンをWindowsではなくわざわざLinuxにするというのは一種の苦行みたいな要素があるものですがそれでも一昔に比べると随分快適になってきた…

液晶タブレットさえあれば何もかも上手くいきますよ、多分

令和2年最初の記事であります。近頃更新を怠けがちであったのでできればもう少しペースを上げたいものです。年明け最初の記事で続きものというのもあれですが前回の記事からの続きになります。多分前の記事をお読み頂かなくも大丈夫な内容になっていると思い…

Krita 4をappimageファイルで入れてみたけど今ひとつ分からない

最初はパソコン環境の説明から Kritaをappimageファイルで入れてみる appimageファイルを使える状態にする でも結局 おわりに 最初はパソコン環境の説明から まずは前置き。僕はパソコンを仕事用と言いますかお絵描き専用機としてのMac、普段遣い用のLinuxと…

まだ当分アナログを捨てられないのでAffinity Photoを導入してみました

本題の前に ソフトを選ぶ Affinity Photoで線画レイヤーを作ってみる 締めに代えて 本題の前に 最近お仕事環境を変えるべくちょっとばかり金銭を投じました。仕事と言いますかお絵描き用に使っているMacを買い替えたのです。Mac Mini2010年モデルを今日まで…

僕が好きなのは「絵を描くこと」であって「紙に描くこと」ではないはずだが

まずは宣伝など。といいますかこれこそが本題です。10月31日より配信が始まっておりますコアマガジンさまの『WEB版漫画ばんがいち』Vol.14に20ページの作品『おっぱいと理科室』を掲載して頂いております。小学校時代の記憶をたどっていたらいつの間にやらこ…

デジタルのお絵描きにおける忘れられつつある技法

漫画やイラストなどをパソコン上で仕上げるようになってからは画材店に足を運ぶ頻度もめっきり減りました。以前は漫画を描くことイコールスクリーントーンを買いに行くことでありました。それも末期にはネット通販で済ませていましたから、何と言いますか律…

フリーのペイントソフト「Mypaint」はそこそこの機能でなかなか楽しい

いい時代になったもので、今では数千円でそこそこ高性能のペイントソフトを入手できるようになりました。そういう素敵な環境下であえて無料のペイントソフトを使おうなんて人間は余程の貧乏人か偏屈かと勘ぐられるのもいたしかたないわけですが、とはいうも…

フリーのペイントソフト「Krita」をまだどうにか好きでいられています

いつもながら記事の内容と漫画の内容はKritaで描いているという以外何の関係もありませんが、いつかはこういう「自分の所在」なんてテーマで何かかっこいい文章を書いてみたいものです。

フリーのペイントソフト「Krita」でお絵描きの続き

前々回のエントリーにてフリーのペイントソフトの中では相当機能が充実している「Krita」について書かせて頂きました。あの後もKritaで色々描いてみております。 今回は集中線を引くための定規ツールの使い方を覚えたのでそれを使って漫画を描いてみました。…

フリーのペイントソフト「Krita」をようやく好きになれたような気がする

けっこう頑張って描かせて頂いた拙作『ふたりはやっぱり曲がり角』が収録されているアンソロジー『みるきぃ・りっぷ』(コアマガジン)が税抜き574円で好評発売中ですので18歳以上の皆様に是非ともご購入の上ご覧頂きたい今日このごろですが、皆様いかがお過…

Clip Studio Paintで初めて漫画原稿を仕上げてみた感想

プロフィールを見て頂ければおわかりかと思いますが僕がこのブログを書いているのにはいささかの宣伝的意図があるのは隠しようのないところでして、今回もまた新作の宣伝を兼ねつつ進めさせて頂きます。 目下好評配信中の『WEB版激ヤバ!』Vol.80(メディアッ…