ヤマイの反省の話題

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヤマイの反省の話題

エロ漫画家の苦悩と反省のおはなし

適正なヒロインの胸の大きさについて

ニメ、漫画など2次元の物語が映画などの実写作品に比べて優れている点は、まず第一に「ヒロインの胸の大きさを自由に設定できる」ことであるというのは多くの人々にご賛同頂けるのではないでしょうか。自分の好きなアニメや漫画が実写化されたがヒロインの胸の大きさが原作と著しく異なっていてがっかりしたという経験をお持ちの方は少なくないのではないかと推察する次第です。

 先ごろ放送が始まった2本のライトノベル原作アニメがキャラクターの構成や第1話の展開がほぼ一緒だったというのが話題になっていましたが、この2つの作品において決定的に異なっている要素が一つありました。件のアニメをご覧になっていない方でももうおわかりかと思いますがそう、

   f:id:yondokoro:20151030125845j:plain

         メインヒロインの胸の大きさであります。

  女性のこの部分に関する僕の好みはいたって俗っぽいものですから、この2本の作品ではつい胸の大きいメインヒロインが登場する方を好んで視聴してしまうわけですが、このように対比がしやすい事例に触れたことで自分がもしこうしたお話を作る側に回った時、ヒロインの胸の大きさをどの程度に設定するのがいいのだろうかという事をしばし考えたのでした。

 

 ここであらかじめお断りしなければならないのは僕がこれらの作品の原作を未読であるということです。本来は原作でヒロインのこの部分に関してどのように描写されているかという点まで論じるべきであると思いますし(ライトノベルの場合本文と関係なくイラストレーターが暴走してしまった事例もあると聞きますがどうなんでしょう)、もしかしたら原作の最新刊でヒロインの胸の大きさが謎の現象により変動するといった展開がないとも限りません。アニメの、しかも数話しか見ていない段階での考察である以上あくまで一般論として語りますので原作ファンの皆様におかれては何卒ご容赦頂きたい次第です。

 あと、やはり女性の皆様にはなはだ申し訳ないと気持ちも持ちつつ書いているという点も明記しておかなければと思います。実生活における僕は胸の大きさだけで女性の価値を測るような人間では決してなく、ちゃんと脚や腰部や鎖骨なども見ているというところは声を大にして訴えておきたいものです。

 

が作り手であった時、そしてヒロインをある程度のツンデレに設定するとなった時のことを考えてみると、僕自身の嗜好とは関係なく胸のサイズは平均以下であった方が何となく話が作りやすいような気がします。ある程度のハーレム展開も盛り込むとなった場合、主人公が決してメインヒロインの肉体的な要素に惹かれたわけではない、純情かつ誠実な人間であるということを印象づけるためにはヒロインの胸が過度な主張をしていない方が都合が良いように思われます。それに、

 

f:id:yondokoro:20151101140614j:plain

こういう楽しい展開に持っていくこともできますしね。ここで想定されているような物語の場合、登場人物の内面に踏み込むのに表現の技法を凝らすことはあまり求められていないような気がしますので登場人物の外見や類型的なエピソードで表していく方がいいのでしょうね。というか外見や類型的なエピソードの表現の方に技巧を尽くした方が良いといいますか。

 メインヒロインの胸のサイズは平均以下である方がお話を作りやすいのではないかと思った理由はこの辺にもあります。この手のお話ではしばしば胸の大きさが登場人物の性格を端的に象徴するものであったりするからです。僕はライトノベルやそれを原作とするアニメの熱心な受け手ではないので違う例が多々あったとしたらごめんなさいですが、例えば「自覚的に女を武器にしますよ」系や「包容力が売りの天然おっとりさん」系キャラの胸が小さかったり、「口数が少なくて行動パターンが変」系キャラが大きな胸をしていたら違和感を覚えてしまうように調教されてしまっているのは僕だけではないのではないでしょうか。

 そういうキャラ演出としての胸、ということで過去の例などあれこれ思い起こしてみるとツンデレさんが意中の男性を念頭に置いて自分の胸の大きさを気に病むというのは

わかりやすい内面の表現として陳腐ながら非常に有効であるように思われます。現実の世界においては胸が大きいことがその人の不安要因になることは多いといいますし、アニメでもそういうキャラは時折登場しますが、ここで想定されているようなジャンルのお話の中では困ったことにそういう嘆きの説得力はかなり薄れてしまいます。

 

うやって考えていくといよいよ今期アニメの胸の大きいメインヒロインが登場する方の作品の作り手の意図というものが気になってくるわけです。例えばこうした例は過去のいくつか作品で見られますが、主人公が自他ともに認めるスケベと設定されていれば何の違和感もないというかむしろそうあるべきとなるんですけどね。でもこちらは純情かつ誠実な朴念仁タイプというよくある造形になっておりますし、そうなるといかなる微笑ましくもテンプレな赤面エピソードを盛り込むつもりなのだろうか、ヒロインの胸の大きさがライバルなどのキャラクター構成の自由度にどのような影響を与えるのであろうかと思っていたのです。

 そうしたらかなり早い段階で主人公とヒロインが互いへの想いを明確に表現してしまったのでなるほどなあと思ったのでした。(原作ではここまでにどのくらいの紙数を費やしたのでしょうか)この作品の原作の表紙イラストは各巻でメインヒロインが占める割合が非常に高いと聞いております。かくもヒロインに一途な作品ということであれば胸の大きさの縛りはほぼないといっていい、むしろ大きい方が色々と楽しいという話になってきますね。ヒロインの胸の大きさが平均的な方の作品が現時点でそこまで踏み込んだ展開になっていないのでやはりどちらの作品も深い考えがあってこその大きさの差であったのだろうかと感じ入った次第です。

 

定ではこの辺りまで書き進んだところで作品のジャンルごとの「適正なヒロインの胸の大きさ」を導き出す公式のようなものが出来上がっているはずだったのですが、何だかもう「各人の趣味で好きなようにしたらいいんじゃないの」という投げやりな結論に傾きつつあります。SFとロリコンが基礎教養だったオタク文化の黎明期からヒロインの胸の大きさは重大な関心事でありますし、しかもそれが作中の人物も言及せずにはいられない大きさや小ささだったりした場合には作品全体の印象にも大きな影響を与えるものであるのは間違いない所ではありますが、作者とキャラクターの出会いというのも現実の人間同士の出会いと同じくらい不確定な要素に左右される面もあるといいますし、結果論になってしまうことも多いだろうと思うのです。

 この問題については今後も考えていきたいと思っておりますのでもしかしたら将来公式にまでたどり着く可能性もゼロではありませんが今言えることはただひとつ、ヒロインの胸を描写するあなたの一言、一筆が多くの人間を狂わせることがあり得るのだということを作者の皆さんは肝に銘じて欲しいということであります。僕もこれまで様々なキャラのその部分に思い煩わされてきましたからねえ。