ヤマイの反省の話題

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヤマイの反省の話題

エロ漫画家の苦悩と反省のおはなし

フリーのペイントソフト「Krita」でクイックマスクを使ってみたかったのですが

Krita イラスト 漫画

f:id:yondokoro:20161105161054p:plain

回の冒頭の漫画は僕がフリーながらも非常に高機能なペイントソフト「Krita」について書いた最初の記事に載せたものを新たに描き直したものです。

 

yamai-manga.hatenablog.jp

 先日この漫画の元のデータをうっかり消去してしまいまして、今回は前の記事の続きといいますか、疑問に対するアンサー編になりますのでそれならKritaへの習熟度合いを確かめるという意味も込めて同じものを描いてみようと思った次第です。

 前回の記事の中でKritaでもPhotoshopやClipStudio Paintでいうところの「クイックマスク」にあたる機能がどうやらあるらしいが何がそれに当たるのかまでは分からなかったと書きました。クイックマスクについて一応説明しておきますとこういったペイントソフトに於いて欠かせない機能として「選択範囲」というものがありまして、これは画面の中の任意の領域だけをいじれるように、範囲を区切るものであります。他の領域に影響を及ぼすことなく選択した一部分にだけ様々な加工を施せるようになるわけです。色々な使い道がありますが一番多く使われるのが色の塗り分けでしょうか。区切った領域にだけ色を載せられるので色塗りがとても効率的に行えるのです。

 で、この一度設定した選択範囲を一時的に自由に加工できる状態にするのがクイックマスクなのであります。

f:id:yondokoro:20161103193514p:plain

 これはPhotoshopの画面です。そして色の変わっている部分が選択範囲をクイックマスクに変換した状態です。ツールパネルの一番下にクイックマスクの切り替えボタンがあります。この赤くなった状態の選択範囲は消しゴムで消去したりブラシで描きたしたりと好きにいじることができるのです。選択範囲というやつはなかなか一発で必要とする形になってくれないことが多いのでこういう機能はとても重宝するのです。

 

んなわけで当然Kritaでもこういう機能を使いたいと思ってしまうわけですが、ことは簡単には運びませんでした。以下、当時の状況の再現です。まずは手探りでメニューをざっと参照したり画面を隅々まで点検しておりますと、

      f:id:yondokoro:20161103153806p:plain

 画面の向かって左下隅にPhotoshopのクイックマスクのボタンっぽいものを見つけました。試しに選択範囲を作った状態でクリックしてみますと…

f:id:yondokoro:20161103154042p:plain

  おお、なんかそれらしい状態になりました。残像が焼き付いてしまうような目に痛い赤です。早速ブラシや消しゴムでいじってみるのですが全く反応がありません。ツールを変えたりしてみましたが効果なしです。

 困り果てて結局未解決のまま上記の記事を書いたわけですが、後日この記事にコメントを下さった方がありました。曰く、Kritaでクイックマスクにあたるのは「選択マスクのレイヤーへの変換」ではないのかとのご指摘であります。このように助言を頂けたのは全くもってありがたいことでした。他のペイントソフトだと機能の用語などはPhotoshopのそれを踏襲していることが多いので調べやすいのですが、Kritaの場合は独自の用語を採用していることも多いのでネットで検索するにも一苦労するのです。今回はいきなりキーワードを頂くことができたのでスタートラインがかなり前方に移動しました。「選択マスク」で色々調べてどうにかクイックマスクに近いことができるようになりました。以下、やっと本題です。

 

ずは選択範囲を作ります。女性の肌の部分がうっすら点線で囲まれているのがお分かり頂けるでしょうか。今はこの点線の内側でのみ作業ができる状態です。この状態でも選択範囲を広げたり縮めたりなど、多少の変更は選択メニューから行えるのですがやはり手作業で微妙な修正を施したい場合もあるわけです。

     f:id:yondokoro:20161104035752p:plain

 この状態で選択メニューから「グローバル選択マスクを表示」をクリックします。

f:id:yondokoro:20161103160147p:plain

 するとレイヤーパネル最上段に選択レイヤーが表示されます。

   f:id:yondokoro:20161103160313p:plain

 この状態で前述の画面左下隅のボタンをクリックして選択マスクの状態にします。すると色選択パネルが白黒になり、これで選択範囲をいじれるようになりました。

 Photoshopではブラシと消しゴムを使いますがKritaの場合はブラシのみ使用します。白色で塗ると選択範囲を描き足し、黒色で削ることができます。

 今回の作例では人物の肌色で塗りたい部分を選択していますが白目の部分は選択から除外したいのでここに黒色を選択したブラシを恐る恐る乗せてみます。

f:id:yondokoro:20161103161438p:plain

 白目の部分に赤い色が乗り、そこだけ選択範囲から除外されました!ちゃんとクイックマスクと同じことができています。

 ただひとつ困ったことがあります。ブラシの反応が妙に鈍いのです。ひと撫でしてからひと呼吸置いて色が乗る感じでどうにも気持ちの良くない感覚です。僕のパソコンの低スペックゆえの固有の問題なのかと思いましたがネットで調べてみると他にも同様の状態になっている人がいるようです。あまりすっきりしませんがともあれ選択範囲の調整ができるようになったのはありがたいことなので今後も度々この機能のお世話になることになりそうです。

 

このようなアクセス解析を見てもただ悲しくなるだけのブログでコメントを頂くことなどめったに無いのですが、その数少ないコメントがこうして記事を一本書けるくらい建設的なものであったことはとても幸福なことでした。お陰様で何だか「俺、今ブログ書いてる!」という気分にさせてもらえました。

 今後も皆さんのお知恵を拝借しつつ時々Kritaについて書いていければと思っています。Kritaで描いたものも随時Pixivに上げていっていますのでそちらも良かったら見ていって下さいね。

      

[R-18] 【女の子】「ちっぱいの修養」イラスト/山井逆太郎 [pixiv]